FC2ブログ

HOME>100のお題その1

085:未来

あれからぼくたちは。

【085:未来】
【K市立K小学校6-3卒業文集より一部抜粋】

自分っていったい何だろう。
こう考えたことはありませんか。
自分自身のことって分かっているようでよく分からないものです。
だけど何をしているときに自分は楽しいと感じるか。
どんなときに満たされた気持ちになるか。
なにをしているときに夢中になれるか。
そういうことならなんとなく分かるはずです。
まず自分が今、必要としていることは何だろう。
大切なことってなんだろう。
一度じっくりと考えてみれば、自分にとって大切なものはなにかということがわかってくるでしょう。
そうすれば自分の進んでいく道を决めるときの大きな目印になります。
あなたにとって大切なものはなんだろう。
自分、お金、家族、勉強、友達、一人の時間、笑うこと、おしゃべりすること…。
なんでもいい。
自分がなにを大切にしているのかを、しっかりと知ろう。
将来のことも想像してみよう。
10年後、20年後、あなたは自分に満足しているだろうか。



【K市立S中学校3-1卒業文集より抜粋】

この文集を手にする時、まだ手放しでは喜んでいられない。
なぜなら、まだ大きなことが残っているからです。
公立一般受験です。
全員が卒業後の所属先が決まった時、そして皆が新たな目標に向かい始めた時、その時がやっと担任としての役目を終えた様に思えます。
今は卒業式練習に励んで何かHotな気分になっているムードなのですが、進路の決定していない生徒やその保護者の方々の気持ちが伝わってきます。
今年は、自分のクラスの生徒にあまり充分なことをしてあげることができず、何かスッキリしないことが多く申し訳なかったと思っています。
担任をしながらの進路の担当はかなりきつかったのです。
S中学校で8年が経ちましたが、3年は4回目でした。
これまでは、休み時間や放課後によく進路の相談ができていたのですが…
でも、その分みなさんにはとても助けられました。
何でも自分達でできてしまう立派なクラスになっていました。
これほど行事や毎日の係や日番活動で自主的にできたクラスはありませんでした。
授業に来られた先生方が、「1組は立派な子達だ!!」とよく誉めてくれました。
その一番いい例が合唱コンクールの取り組みでした。
担任の私は出張続きで留守にすることが多く、そんな時知らぬ間にトップレベルの域まで達していました。
とてもとてもびっくりしました。
合唱コンクール当日、「できれば賞がもらえればこの子達の頑張りに少しでも報いることになるけど、ここまで協力できたことが一番の財産」と思っていました。
協力することができて大きな行事を終えると、何か互いの信頼関係が増し、何かいい空気が漂うようです。
この空気を卒業を前にした今も感じることができてほんとうに幸せな思いで一杯です。
一生に一度しかない卒業式では、恥ずかしがらず思いっきり感情を出して下さい。
そして、しばらくした頃皆が次の目標に向かって歩きはじめていることを願っています。



【5年後ある人間の手記より一部抜粋】

交通事故を起こし、一部の過去の記憶と感情を失った。
大吾郎を飲める年齢になった。
嬉しくても笑顔にならなかった。
病院に行った。
沢山の薬を出された。
何の薬かは分からなかった。
ある日、友達ができた。
そいつはうるさいぐらい私に話しかけてくる。
「あーそう」って素っ気なく返事してもニコニコ笑う変な奴だった。

数カ月が過ぎた。
薬を飲むのをやめた。
飲まなくても命に別状ない薬だって分かったから。
「でも飯は食えよ」
その友達は食欲ないって言ってる俺の口に無理矢理ごはんを突っ込む。
「俺の相手してても疲れるだけだろ」って言ったら、「お前数カ月前より喋るようになったじゃん」って笑った。

「数年後の未来には何やってるんだろーな」
俺は車のハンドルを握りつつ、助手席の友達に問いかけた。
「そんな小難しい事は知らん!」
一刀両断された。
「お前はお前の好きなことをやってりゃいいんじゃね?」
何かどうでもよくなった。


【現在】

不幸の数だけ幸運があるし、幸運の数だけ不幸がある。
過去の俺がどんなのだったか知らないし、また知るよしもないけど。
これだけは言える。
未来なんて知ったこっちゃねぇよ、と。


END.
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/167-5bc0bc04

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】