FC2ブログ

HOME>100のお題その2

019:無防備


【乞食速報】墓地が無料!急いで死ね!
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1299563928/

2011年「2ちゃんねる スレタイ大賞」
大賞受賞

【019:無防備】

『死ぬなら今』

ケチの上にドがつくケチぶりで身上を作ったしわいやのけち兵衛。
そのけち兵衛が明日をもしれぬ重い病にかかった。
臨終の床へ息子を呼んで

「もしわしが死んだら棺桶に入れるズタ袋の中へ三途の川の渡し賃・公定価格の六文銭のかわりに、小判で三百両(大金)を入れてくれ」

と頼んだ。
息子が訳を尋ねると、

「今まで随分あこぎな事(悪い事)をして金を貯めたから、死ぬと必ず地獄に堕ちる。その時に三百両もあれば金の力で極楽へ行けるかもしれない」

と言うのだ。
金は腐るほどあるから三百両ぐらいわけもない。
息子が二つ返事で約束すると安心したのか、けち兵衛はいともあっさりと死んでしまった。
葬儀の準備が進み、いよいよ納棺。
遺言の通り息子が小判で三百両をズタ袋へ入れようとすると、親戚がびっくりして止めた。

「どうせ土の中に埋めてしまうのに勿体無い。偽物の小判でもいいじゃないか」

「でもおとっつあんが…」

嫌がる息子を説き伏せて用意したのが芝居で使う小道具の小判三百枚。
これを袋に入れて埋葬した。
さて、生前の予想通り地獄に堕ちたけち兵衛。
閻魔大王の前に引き連れられ、現世で重ねた悪行を並べられる。
怖い顔で問い詰める閻魔大王を下から見上げたけち兵衛、ズタ袋から百両を取り出して閻魔大王の袖の下へスッ。
途端に閻魔大王の態度がコロッと変わり、悪い事は悪いが一代で身上を成したのは立派だと、けち兵衛を褒めだした。
おさまらないのが閻魔大王の側にいた冥界十王や馬頭、牛頭、青鬼、赤鬼といった地獄の番人連中。

「そんな馬鹿な」

と騒ぎ始めた。
しかし、そこは交渉に長けたけち兵衛のこと、素早く残りの二百両を分配して一件落着。
けち兵衛は無事に極楽へ行けた。
大金を手にした閻魔大王以下地獄の番人連中は、閻魔庁を開けっ放しに遊びに出掛けてしまった。
ほうぼうで小判をばらまいての豪遊三昧。
やがて使った小判が回り回って極楽へ。
偽金だから極楽の役人の目に止まり、厳しい捜査が始められた。
ほどなく地獄の連中が使ったものだと判明し、武装した極楽の役人達がドドドっと閻魔庁へなだれ込んで

「御用、御用!!」

閻魔大王をはじめ、冥界十王、青鬼、赤鬼ら全員を牢屋へぶち込んだ。
閻魔庁は誰もいなくなり、開店休業状態だし無防備。

だから、死ぬなら今。

END.
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/211-c9082758

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】