FC2ブログ

HOME>自動車用語と走り屋用語

【番外:交通違反⑤飲酒運転編】

はい、ようやく今Twitter…もとい馬鹿発見器でよく炎上する飲酒運転編です。
飲酒運転をしたらこうなるよ↓

Q1:飲酒運転はどう厳罰化されたか?
A1:2007年の国会で道路交通法が改定され、飲酒運転の厳罰化が決まり、同年9月19日から以下のように施行されるようになりましたよ。
さて、何がどう変わったのか。
①酒酔い運転
酒酔い運転とは、アルコール量に関係なく、「酒に酔った状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態)」で運転することを言う。
その罰則は次のように重くなった。
2007年9月19日以前:3年以下の懲役または50万円以下の罰金
2007年9月19日以降:5年以下の懲役または100万円以下の罰金
②酒気帯び運転
酒気帯びとは、酔っているかどうかには関係なく、体内に基準以上のアルコール(呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上)を保有する状態をいう。
2007年9月19日以前:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
2007年9月19日以降:3年以下の懲役または50万円以下の罰金
③酒気帯び検査拒否
アルコールの検査は任意ではなく義務。
これを頑なに拒否すると普通は逮捕される。
2007年9月19日以前:30万円以下の罰金
2007年9月19日以降:3ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
④ひき逃げ(救護義務違反)
事故を起こしても飲酒や無免許発覚を恐れて逃げてしまう運転手もいる。
その為、すぐに救急車を呼んで手当てすれば助かった人が死んだり、倒れたまま路上に放置され、後から通りかかった車に轢かれたりといったことが起こる。
そんなひき逃げの刑罰は酒酔い運転よりも重くなった。
2007年9月19日以前:5年以下の懲役または50万円以下の罰金
2007年9月19日以降:10年以下の懲役または100万円以下の罰金
以上は運転手に対するもの。
今回の改定では飲酒運転をする恐れのある運転手に車を貸したり、飲酒運転と分かっているのに「要求または依頼して」同乗したりすることも厳罰の対象とされることになった。
それらは、刑法の「幇助」「教唆」でも処罰でき、これまでも処罰していたのだが、道路交通法に新しく処罰の規定が設けられた。
この罰則は運転手本人が酒酔い運転か酒気帯び運転かで重さが違うよん。
⑤車両の提供
運転手が酒酔い→5年以下の懲役または100万円以下の罰金
運転手が酒気帯び→3年以下の懲役または50万円以下の罰金
⑥酒類の提供・車両に同乗
運転手が酒酔い→3年以下の懲役または50万円以下の罰金
運転手が酒気帯び→2年以下の懲役または30万円以下の罰金
他に、刑法も改定されている。
従来、車の運転は「高度な注意義務を要する業務」だということで刑法の「業務上過失致死罪」で処罰されていたが、2007年7月12日から車の運転に限っての「自動車運転過失致死罪」なるものが設けられ、懲役の上限が5年から7年へ引き上げられた(罰金の上限は同じく100万円だが)。
酒を飲んで事故を起こすと大変なことになるということは肝に命じておきたいものですな。


Q2:「ひき逃げ厳罰化」って逃げることが犯罪なの?
A2:殺人でも強盗でも、犯人はたいてい逃げる。
なのに「逃げることを禁ずる。逃げたら厳罰じゃぁ!!」とは誰も言わない。
刑法第97条で「逃走の罪」というのが定められているが、それはすでに捕まって身柄拘束されている者についての罪であーる。
犯行後に逃げる事自体を禁ずる法律はないといっていい。
ところがどっこい、交通事故を起こして逃げると処罰の対象になる。
ナンデヤネン?
ひき逃げの根拠規定は、道路交通法第72条第1項。
ややこしい条文なので要点だけちゃっちゃと説明するぜ?
「交通事故が起こった時、運転者は直ちに停止して負傷者を救護し、危険防止など必要な措置を講じなければならない(前段)。そして、事故の発生日時や死傷の程度、また物の損壊があった時はその程度などを警察に報告しなければならない(後段)」
前段に違反するのが「救護義務違反」。
後段は「報告義務違反」。
2つあわせてヤンマーd…いえ、両方あわせて「事故の場合の措置義務違反」という。
皆さん気になる罰則ですが、
・人身事故における前段の違反:10年以下の懲役または100万円以下の罰金
・物損事故における前段の違反:1年以下の懲役または10万円以下の罰金
・人身でも物損でも後段の違反:3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
これがいわゆるひき逃げなのだ。
後段の報告を受けた警察官は、負傷者の救護や二次事故の防止のため、報告したものに対して現場を立ち去るなと命じ、必要な指示をすることが出来る。
つまり、犯人(加害者)の逃走を禁じるわけではなく、あくまで負傷者の救護など安全のための規定なのだ。
そもそも道路交通法は交通安全のための法律なのでこういう規定を設けたのであろう。


Q3:酒気帯びの検査値がおかしい時、もう1回検査してくれるの?
A3:「乾杯のときにビールをコップ1杯飲んだだけだ。0.15ミリグラムなんて出るはずがない!おかしい、もう1回検査してくれ!」
と、酒気帯び検問の警察官に訴える…そんな運転手は少なくない。
必死になるのは当然だろう。
呼気1リットル中のアルコールが0.14ミリグラムならセーフなのに、0.15ミリグラムに達した途端、何十万円もの罰金を科されて前科者となり、最低でも30日間の免許停止処分となるのだから。
仕事のほうでも最悪、懲戒解雇・懲戒免職になるおそれがある。
んが、一旦基準値を超えたら再検査には応じない。
これは非常におかしなことだ。
重い罰金や処分を受けさせ、生活も人生も一変させるかもしれない重要な検査なのだから、3回検査して平均値をとるとか、最低値をとるとかすべきはず。
あるいは後に医療機関などで再検査できるように検体を残す(残せるような検査方法を用いる)はず。
ところが警察官は絶対に再検査に応じない。
テコでも動かないしゆるぎない。
星一徹も顔真っ赤にしてちゃぶ台ひっくり返すほどにゆるぎないぞ!!
何故?
実は検査は1回だけでないと正確性を保てない。
2回検査をしたら正確性が保てなくなる…(らしい)
ん?それってつまり、2回検査すれば異なる検査値が出るってこと!?
/(^o^)\ナンテコッタイ


Q4:酒気帯び検査はなぜ強制できるん?
A4:酒気帯び検査は強制だ。
拒否すると普通は逮捕される。
「裁判所の令状もなしに何故呼気の提供を強制できるんだ?」
と不思議に感じる人もいるかも知れない。
実は酒気帯び検査は捜査(のために行うの)ではないのだ。
警察官は車に乗っている(または乗ろうとしている)者が飲酒運転をする恐れがある時、正常な状態になるまで運転しないよう指示するなど、交通安全・事故防止のために「必要な応急の措置を講ずる」ことができる(道路交通法第67条第3項)。
その「応急の措置を講ずる」かどうか判断するための「調査」として「その者の呼気を検査することができる」のである(道路交通法第67条第2項)。
酒気帯び検査はあくまで「あなたは酒気帯びなので酔いが覚めるまで運転しちゃ駄目だよ」と指示するかどうか判断するための「調査」なのだ。
基準値を0.01ミリグラムでもオーバーすれば何十万円もの罰金を科されて前科者になるとか、職場をクビになるとかそんな重要なことを決めるためのものではない。
酒気帯び検査はあくまで「あなたは酒気帯びなので酔いが覚めるまで運転しちゃ駄目だよ」と指示するかどうか判断するための「調査」なのだ。
基準値を0.01ミリグラムでもオーバーすれば何十万円もの罰金を科されて前科者になるとか、職場をクビになるとかそんな重要なことを決めるためのものではないんですよ(大事なので2回)
どっこい、その「調査」で判明した検査値は有無を言わさず犯罪の証拠とされる。
事実上は強制的な犯罪捜査なのだが、法律上は捜査のためではないのでいい加減な検査方法で構わないという事なんだろうか…
なんか、おかしくない?


Q5:酒気帯び運転の報道はなぜいつも「0.15ミリグラム以上」と表記するの?
A5:「呼気1リットル中のアルコールが0.15ミリグラム以上だったので逮捕された」
なんて報道がよくある。
0.15はぎりぎり基準を超えた数値だ。
基準値をどれだけ超えたかで悪質性が違う。
違反点数は0.15だと6点で30日の免停だが、0.25を超えると13点で90日免停。
しかし実際の数値まで報道されることはほとんどといっていいほどない。
違反が成立するのは0.15ミリグラム以上だからそう報道すれば事足りる…という考え方によるので深い意味はない。
もちろん、裁判の中では具体的な検査値が出てくるので安心してくれ。


Q6:居酒屋の駐車場から出てくるのを待って捕まえるってアリ?違法なんじゃないの?
A6:おまえは何を言っているんだ。
「居酒屋の駐車場から出る時、パトカーがいる…と思ったら間もなく止められ酒気帯びで捕まった。パトカーはくっついてきて、しばらく走ってから停止を命じてきたんだけど駐車場を出る前に声かけろよ。違反させてから捕まえるのは違法だ!!」
とでも言いたいのかね?
警察はずっこい(ずる賢い)ようだがそれでも残念ながら違法ではなく合法。
善良な運転手ならそもそも酒気帯び運転はしないはず。
赤い顔で居酒屋から出てきて車に乗ったって、忘れ物を取りに来たのかもしれないし、仮眠して酔いを十分覚ますつもりかもしれない。
エンジンをかけたって音楽やラジオを聞こうとしただけかもしれないし、ひょっとすると代行運転手を呼んでいて待っているのかもしれない。
それなのに警察官が「酒気帯び運転する悪質な違反者だろう」と見込んで声を掛けるなど失礼極まりない話ではないか。
アメリカなら訴訟沙汰だ。
仮に駐車場を出ようとした時に「飲酒運転しないで下さいね」と声を掛けられたとしたら「俺は駐車場内で車を止め直そうとしただけだ!飲酒運転者呼ばわりしてけしからん!!」とかなんとか言ってブチギレるだろ…
なお、これは追記だが駐車場内であっても「一般交通の用に供するその他の場所」とみなされれば酒気帯び運転になりうるからね?
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/245-17322abd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】