FC2ブログ

HOME>気まぐれ読書感想文

012:超能力者 斉木楠雄のサイ難 0 麻生周一短編集




通な人はクスっと笑えるシュールギャグ漫画。

【012:超能力者 斉木楠雄のサイ難 0 麻生周一短編集】


辛い時や、ストレスで憤死しそうな時、部屋でゴロゴロしたい時、本棚をデコレートしたい時どうしますか?

「そうだね、プロテインだね!」(違う)

空想科学読本ならぬ、「空想科学ギャグ漫画」が日本にはあるってことさ!
と、いうわけで今回のイチオシ漫画はこれだ!!(ドンッ)

【超能力者 斉木楠雄のサイ難 0 麻生周一短編集 (ジャンプコミックス)】
タイトル:超能力者 斉木楠雄のサイ難 0 麻生周一短編集
著者:麻生周一
出版社:集英社
発売日:2012年5月2日
ISBN:978-4088704555

「ぼくのわたしの勇者学」でお馴染みの麻生周一が放つ、異色の超能力シュールギャグ漫画。
まさかの読み切りで7回連載するという前代未聞の事態をコミックス化したのがこの漫画…ということで、0巻になっている。
いわばプロローグといったところ。

15歳の斉木楠雄は、現在の科学では説明できない不可能を可能にする力・超能力の持ち主である。
しかしこの能力のせいで、数々の災難に見舞われるといった内容だ。
主人公のクールな性格、その他の個性あふれるキャラクターも魅力的なのだが、何より主人公の心の中の冷静なツッコミがジワジワ笑いを呼び寄せる。
表題作ほか、秀作読切2作品を収録した、短編集という形式になっている。
個人的にすっごい好きです、こういうのwww


スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/274-79d5dfe9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】