FC2ブログ

HOME>Navy

【003:Spiral.】




【003:Spiral.】

l_VWKHYHgOS8.jpg



昇っているのか
下っているのか
分からなくなってしまった。
青年、Rarry(ラリー)は無限階段でさまよっていた。
ゼェゼェと息をつきながら、時折遠くを見つめる。
青い空が綺麗だ。

「その迷いは君の魂の迷いだね」

声が聞こえる。
若い、低い、声。

「貴方は誰ですか?」

Rarryは目の前に立ちはだかる人物に訊く。

「私は魂の案内人であり、魂の導き人である。名はNavy(ネイビー)。しかし君は私の正体を尋ねる前に、自分の居場所を尋ねるべきではないのかな?」

Navyは真夏だというのに長袖の黒い特攻服をはためかせながら、Rarryに話し掛ける。

「意味が分かりません」

Rarryは即答する。

「そうか。では訊くが、君は何故何の為にこの無限階段にいるのかな?」

「何故って」

理由を言おうとして固まった。
思い出せない。
分からない。

「君はね、螺旋階段で足を滑らせたのだよ」

「う、そだ」

「Rarry君とやら…君はこれから選ぶ道は2つにひとつなのだよ。永遠に無限階段でさまよい続けるか、成仏するか」

「俺、は」

「さぁ、どうするのかな?」

――昇っているのか。
下っているのか。
分からないまま。
今日もRarryは晴れた青い空を見つめながら螺旋階段にいる。

l_yNTyROMT5c.jpg

END.
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/305-fa6c0068

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】