FC2ブログ

HOME>Navy

【007:塔の上の最後の君】




【007:塔の上の最後の君】



それから。

「随分変わったものだな」

黒い特攻服の死神、Navyは、様変わりした町の真ん中で、塔を見上げる。
あれから。

「もう50年以上経つんだな」

戦争は悲しい。
戦争は哀しい。
あの青年の残したものは何だったのだろうか。
Navyの横を、2人の女性が会話しながら通り過ぎる。

「ねぇねぇ、侑子知ってる?あの塔は戦争の前からあったのよ」

「知ってる知ってる。戦後、ひとりの青年が塔の上で町を見守っていたって話も残っているのよね」

「あの塔には、戦争の絵等が展示されているらしいわ」

「見に行きましょう」

女性2人はゆっくりした足取りで塔に向かう。

「意味の無いものなどこの世に存在しないのだよ」

Navyは誰にともなく呟き、塔を見上げた。

l_n1wC46zutw.jpg


END.
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/309-4657b524

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】