FC2ブログ

HOME>Navy

【009:Cross.A】




【009:Cross.A】




切れた。
鎖が、切れた。
その後すぐに、僕の意識は飛んだんだ…

「その言葉だけじゃ意味が分からないね。僕はね、君の口から真実を聞きたいのだよ」

僕の目の前に立つ、特攻服姿の奇妙な男は落ち着いた笑みを浮かべながら、優しい口調で言った。

「うん、自分でも意味が分からないと思う。だって、僕にも理解不能なんだ。僕はただ、愛しい彼女を迎えに行くために新神戸駅に行っただけなのに」

僕はひとしきりうめくと、その場で膝をつく。
「落ち着いて。情況を分かりやすく話しよう」

黒特攻服の死神は、天使のような笑顔を浮かべた。

「君は、3年振りに海外から帰ってきた婚約者を迎えに、新神戸駅まで向かった。そうだね?」

「あぁ、慌てて用意して、自分の車に飛び乗ったよ。道路では時速120kmでブッ飛ばしたよ」

「それで?」

「駅に着いて、車を有料駐車場に止めた。車を降りた時、ふと空を見上げた。月がとても綺麗だったのを覚えているよ。満月だった」

「うん」

「エスカレーターで上に上がり、彼女を探した。彼女は丁度、新幹線から降りて改札を通る所だった」

「それから?」

「彼女はにっこり笑って僕に手を振ってから…」

僕は、沈黙した。


l_P6rf8FFw4C.jpg
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/311-15d44b7d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】