FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

播州皿屋敷




播州か番町か。
それが問題だ。


ななま~い…はちま~い…きゅうま~い………
一枚足りない…!!


「番町皿屋敷」か「播州皿屋敷」か。
江戸にある番町皿屋敷との本家争いがよく話題に上がるが、実のところ「皿屋敷伝説」と呼ばれるものは全国に分布している。
伊藤篤著『日本の皿屋敷伝説』に紹介されている伝説地はおおよそ50か所近く。
ただし、歌舞伎の皿屋敷物としては、享保5年(1720年)の『播州評判錦皿九枚館』の上演記録が最も早い。


姫路城の中のお菊井戸は、『播州皿屋敷』ゆかりの井戸と言われている。
室町時代に姫路城執権の青山鉄山は主家乗っ取りを企て、城主小寺則職(こてらのりもと)の毒殺を計画。
忠臣衣笠元信(きぬがさもとのぶ)は、妾のお菊を鉄山の屋敷に密偵として潜り込ませて暗殺を未然に防いだという。
伝説ではお菊は鉄山の家来に正体(密偵であること)を知られ、10枚組の皿の1枚を失くしたと因縁をつけられて殺され、古井戸に捨てられたという…


日本の皿屋敷伝説
日本の皿屋敷伝説
posted with amazlet at 12.09.30
伊藤 篤
海鳥社
売り上げランキング: 826799

スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/326-bf90b64e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】