FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

湊川神社の楠木正成




元を辿れば湊川神社の楠木公は歯痛の神様だったという。


恨みを抱いて不遇のうちに死んだ人の魂魄が加害者に祟るという信仰を「御霊信仰(ごりょうしんこう)」と呼ぶ。
この信仰の最も有名な事例は、藤原時平によって九州太宰府に左遷され、その地で憤死した菅原道真である。


菅原道真の怨霊は、雷(天神)となって時平とその一族を殺し、左遷の令を出した醍醐天皇とその一族までも累を及ぼした…という。
しかし、この怨霊たちは、祀る(奉る)ことによって守護神に転身するという座敷童のような性格を持っていた。


湊川神社の祭神である楠木正成も多分そういった類なのだろうが、実はこの楠木正成という人物、歴史資料には殆どといっていいほど記されていないのである。
(追記:しかし『太平記』には後醍醐天皇側…南朝の忠臣として活躍する代表的武将であったという)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/327-240d5e1f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】