FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

こめくら めくら




欲は出しちゃいけないよ、という教訓的なおはなし。
分からない所があったらググって(ネットで調べて)ね。

photo_2.jpg
でんでん太鼓↑

でんでん太鼓
日本の民芸玩具。
棒状の持ち手がついた小さな太鼓の両側に紐があり、その先には玉が結びつけてある。
持ち手を高速で回転させることにより、玉が太鼓の膜に当たり、音を立てるという子供の玩具である。


【こめくら めくら(作者不詳)】
昔、兵庫県のあるところに爺と婆が暮らしていた。
ある春の雨降りの日、爺が簑笠つけて畑を掘り起こしていたら、誰かが上の方から呼ぶ声が聞こえてきた。

「おい、爺、これ爺」

呼ばれた爺はきょろきょろ周囲を見回してみたら、畑の脇の木の枝に天狗が止まっていた。

「天狗様ですか。何のご用ですか?」

と爺が訊くと、天狗は

「爺が着ている簑と笠をくれんか」

と言うじゃありませんか。

「へえっ、この簑と笠でございますか」

「そうじゃ」

「へえ。でも…」

爺は蓑と笠を渡すのを渋りました。
そこで天狗は提案します。

「タダとは言わん。このデンデン太鼓を爺にやる」

「へえっ、デンデン太鼓でござえますか」

「そうじゃ」

「子供のオモチャ貰うてもなぁ」

「何を言うか。こりゃあただのデンデン太鼓ではないぞ。欲しい物を言ってポンポンと音を鳴らせば、欲しい物が出る不思議な太鼓じゃ」

「へえっ、この世にそんなモノがあるのかい」

「そうじゃ、試してみよか。爺は今、何が欲しい」

「そうじゃなあ、畑仕事をすると腹が減ってかなわん。早よ家に帰って夕飯の雑炊を食べたいと思ってた所じゃった」

爺は夕飯の雑炊を欲しがりました。

「よし、それを出してやる。炊きたての雑炊出よ」

天狗はそう言いながらデンデン太鼓をポンポンと鳴らしたら、湯気の立つ出来たての雑炊が丼で出てきました。
爺が食うてみたら、味もなかなかいい。
爺は喜んで簑と笠を天狗様にあげて、不思議なデンデン太鼓を貰ったそうな。

「欲しい物が三つまで出る。残りは二つじゃぞ。よう考えて出せ」

天狗は、こう言い残すと、蓑と笠を身につけて、どこかへ去ったという。
爺さんが家へ帰ると、婆が

「あれまあ、そんなに濡れて。簑笠つけて行ったのではなかったのか?早やく着替えないと風邪を引く、雑炊が出来てるからそれで温まりなさいな」

と言うた。
ですが爺は首を横に振って

「雑炊はもう、食ってきた」

と答えた。

「あれ、一体どこで食ったんだ?」

「実は畑で天狗様に出逢ってな、簑笠とこのデンデン太鼓と取り替えたんだ。この太鼓は宝の太鼓で、何でも欲しいモノが出ると言うので、試しに雑炊出して貰って食べてきたんじゃ。あと二つ、欲しい物が出る。婆さん、何か出して欲しいものはあるか」

「あれぇ、そんなにいい物貰ったのかい。そら良かったなぁ爺さん。それなら銭百両、言うてもらおうか」

婆は大金を出して欲しいと爺に頼んだそうな。
だが爺は

「そんな欲張ったこと言うな。十両でええ」

と欲張りな婆を叱りました。
爺は、婆のうらめしそうな顔を見ながら、

「銭十両、出て来い」

と言って、デンデン太鼓をポンポンと鳴らした。
目の前に、ピカピカ光る小判が十枚だけ、チャリンチャリンと出て来たそうな。
爺が喜んでいると、婆は、

「なんと欲のないことだな。今度は私が米を出して貰う」

と言って半ば強引にデンデン太鼓を取った。

「米なんてたくさん貰っても、置く場所がないぞ」

爺はハラハラしながら婆さんの行動を見守ります。

「判っとる、判っとる」

婆はそう言ってデンデン太鼓を振り上げて言います。

「こめ、くら、米、倉、米倉、こめくら、こめくら…ようけい出ぇ。こめくら、めくら、こめくら、めくら」

ポポンポン、ポポンポンポンと何度も何度も鳴らしました。
しかし、米や倉はひとつも出ないで、盲目(めくら)の子供(こ)が次から次へと出て来たんだってさ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/328-cd9d1dd0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】