FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

みそさざい伝説



250px-Troglodytes_troglodytes.jpg
↑みそさざいってこんな鳥


むかしむかしの大昔のことだ。
森の奥で鳥の鷹たちが大勢集まって、酒盛りを開いて賑やかに飲んだり歌ったりしていた。
その日は、鳥の王様を決める前祝い。
声が森中に響き渡ってきたので、みそさざいもこれを耳にすると

「よし、俺も鷹の仲間入りして、愉快にやりたいな」

と、早速鷹のところへ飛んで行って

「なあ、鷹さん、俺もみんなの仲間に入れておくれよ」

と頼んだそうだ。
すると鷹は大笑いをして

「何だって?お前みたいなチビが、わしらの仲間にしてくれって言うのかい?このアホめ」

と言って、さっぱり相手にしてくれない。
そこで、みそさざいは、鷹の大将に向って、

「どうしたら、仲間に入れてくれるんだ?」

と訊くと、鷹の大将は馬鹿にした様子で言いました。

「そんなに仲間になりたいなら、向こうの山にいる猪を退治してくるといい。そしたら仲間どころか、鳥の王様にしてやってもいいぞ。だけど、そんなチビのお前が猪をとることなんて無理に決まってるさ」

みそさざいは、猪と聞いてびっくりしましたが、

「わかった。それなら退治してくる」

と息巻いて早速向こうの山へ飛びたって行ったそうな。
すると、ちょうどそこへ1匹の大きな猪が、のこのこと山を下りて来るのが見えた。

「よし、あの猪をやっつけてやろう」

みそさざいは木の枝に隠れていたが、隙を見てパッと飛び出して猪の耳の中へ入り込んだ。
そして、耳の中で大あばれ。
ちくちく、とくちくとクチバシで突っ突いた。
これにはさすがの猪も苦しんで

「うひゃー!たまらん。助けてくれ!!」

と耳の中のみそさざいを取り出そうともがいたが、足が短いので耳を掻くことが出来ない。
コロコロ転げたり、あっちこっち走りしている内に、大きな岩に頭をドカ―ンと打ちつけて死んでしまった。
みそさざいは、耳から抜け出すと鷹たちの所へ行って

「さあ、猪を退治して来た。猪は大きな岩の前に転がってますよ」

と言うと、鷹達は

「嘘つくんじゃないよ」

と半信半疑でみそさざいと一緒にその場所へ行ってみました。
すると、確かに猪は死んでいたではありませんか。
流石に鷹たちは驚きました。

「みそさざいって言う奴は智恵がある。恐ろしい奴だ」

「それなら仲間に入れてくれるんですね」

「約束だ、仕方ない仲間にしてやらなくてはなるまい」

鷹たちはみそさざいの実力を認めました。

「あの、猪をやっつけたら王様にする…という約束の方はどうなったんですか?」

みそさざいは訊きます。

「調子に乗るな、たかが猪を一匹仕留たぐらいで。鷹の力がどれほどのものか見せてやる。二匹いっぺんに捕まえてやろう」

鷹たちはそう言ったかと思うと、鷹の中でも一番強い熊鷹が飛びたって行ったという。
すると向こうの山で、うまい具合に猪が二匹、並んで歩いていた。
熊鷹はバサッと降りていって、両足それぞれに一匹ずつ捕まえた。
猪は驚いたの何の、必死になって逃げようとした。
熊鷹は何の放すものかと一層猪の背中に爪を立てた。
しかし、猪があまりの痛さに右と左別々に逃げたからたまらない。
その途端、熊鷹は両足の付け根から2つに裂けて死んでしまった。

やがてみそさざいは鳥の王様になったとさ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/329-2844bcf2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】