FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

フクロウとカラス、極道と子供




昔、兵庫のある所に染物屋があった。
この染物屋の家の息子は仕事もしないで遊んでばっかりの極道者(ヤクザ)だったという。
ある時、お城のお侍さんが白絹(真っ白な布)を持ってきて

「10日ほどしたら、お殿様が江戸へ行く。それまでに、これを立派な紋服に染め上げてくれ」

と言った。
染物屋の主人はかしこまって、引き受けたそうだ。
主人がその白絹に丁寧に下地を練り込み、乾かしていたら、極道息子が酔っ払って帰ってきて

「こんな物染めて、一体どれくらいの稼ぎになるんだよ。川の中に這いつくばって冷めたい思いをして、洗って干してもウチは未だに貧乏のままじゃねえか。俺みたいにバクチ(賭け事・今で言うパチンコ)でもすれば銭なんて面白おかしいくらいに稼げるのによ」

と言って大事なお殿様のその絹地に泥を塗りつけた。
お殿様の大事な白絹は、どうにもならないほど汚れてしまったという。
染物屋の主人は、泣く泣く洗い直して、乾かそうと奮闘していたら、雨が何日も降り続き、何も出来ないままとうとう約束の日が来てしまった。
お城から使いがやって来て

「注文の紋服は、出来とるか」

と染物屋の主人に訊いた。
染物屋の主人は正直に出来ませんでしたと答えると、殿様は怒って

「討ち首じゃ!!」

と染物屋の主人の首を切って殺してしまった。
極道息子は事実を知ってしまい、父親の死骸に取りすがって泣いたという。
それから。
家にいても外を歩いていても、近所の子供らに寄ってたかって石を投げつけられたり、棒で叩かれたりといじめられたという。
極道息子は、悔やんで悔やんで悔やみ続け、とうとうフクロウになってしまったという。
フクロウの姿になった極道息子は、人目につく昼間は林の中に隠れていて、夜は暗くなってから出歩くようになったという。
それから、フクロウは今でも空模様がお天気になると

「糊つけ乾うせ、糊つけ乾うせ…のりつけほうせ、のりつけほうせ」

と啼き、雨が降ると

「泥つけ乾うせ、泥つけ乾うせ…どろつけほうせ、どろつけほうせ」

と啼いているのだという…

さて、極道息子をこらしめている内に、いじめることに飽きてきた近所の子供らもやがてカラスになったという。
カラスになった子供らは、今でも薄汚れたボロを着、秋は腐った柿を食い、昼間にフクロウを見つけると、寄ってたかって痛めつけるんだとさ。
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/330-f359c86c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】