FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ




昔むかし、兵庫のある所に爺さんと婆さんがおったそうな。
爺さんは毎日山へ木を伐りに、婆さんは川へ洗濯に行っていた。
ある時、爺さんが山で飯を食おうと切り株に腰かけたら、「チチッ、チッ」と鳥が鳴いたんだと。

「どこで鳴いてるのだろう?」

爺さんはあたりを見わたして探してみたが鳥は見当たらない。

「近くで鳴いていたようだったけどな。まあとりあえず飯を食おう」

と言って飯を食いかけたら、また「チチッ、チッ」と鳴いた。
爺さんは驚いた。

「あれま、尻の下で聞こえた」

腰掛けていた切り株を見たら、穴があった。
そこへ手を入れてみたら小鳥に触った。
そっと握って出してみたら小さなヒヨコだった。

「放っておいたら死んでしまうなあ…」

爺さんはそのヒヨコを持って家に戻ったそうな。

「婆さん、ええ物拾うて来た。これを見てくれ」

「あら、ヒヨコじゃ。一体どうしたの?」

「飯食おうと腰かけたら、切り株の中にいたんだ。放っておいたら死んでしまうから拾って来たんだよ。世話が面倒くさいけども飼ってやらんか?」

「いいとも、飼おうじゃないか。私等には子供がいないし、可愛がってやろう」

と言って、ふるいを伏せて鳥籠がわりにして飼ってやったんだとさ。
やがて飼っている内にヒヨコはだんだん大きくなって、ふるいでは狭くなって飼えなくなった。
爺さんと婆さんは相談し、元の山へ放して返してやることにしたそうだ。
2人でいつも爺さんが木を伐ってる山のふもとへ行き、

「小鳥さんや、うちは貧乏で鳥籠はないから、自然に返すことにした。放してやるから好きなとこへ行って大きくなぁれ」

と言って放してやった。
そしたら小鳥は、始めは飛び方もおぼつかなくて婆さんの頭にとまったり、爺さんの肩にとまったりしていたが、ようやく山の中へ飛んで行ったんだと。

「婆さんや、小鳥が居なくなったら、何だか寂しくなったな」

「私もそう思います」

と言い合って2人は家に帰ったそうだ。
半月(2週間ほど)たったある日、軒先へ2人が飼っていた小鳥が飛んで来て

「爺は木を伐る山でじぃっとしとれ。婆は洗濯川で股開いてバァーとしとれ」

と言って鳴いた。
爺さんと婆さんは、何のことを言っているのかよく分からなかったが、可愛がっていた小鳥がそういうのだからと、2人とも言う通りにしたんだと。
爺さんが山でじいっとしていると、兎が出てきて着物の前からちょろっと覗いている山芋と間違えて、爺さんの股の間に入って来た。
爺さんはそいつをひょいと捕まえて戻ったんだとさ。
婆さんは川で股を広げていたら、鰻(うなぎ)や鯰(なまず)や鮒(ふな)が沢山寄って来るので、そいつを捕まえて戻ったんだと。
2人は、それらを売って金持ちになったという。
すると、それを見ていた隣の欲張りな婆さんがやってきて

「お前ら、何でそんなに大金持ちになったんじゃ」

と尋ねた。
無欲な爺さんと婆さんは、

「実は、飼っていた小鳥が恩返しに来て、『爺は木を伐る山でじぃっとしとれ。婆は洗濯川で股開いてバァーとしとれ』と言われたんじゃ。お前らも私たちの代わりに行ってみるといい」

と教えたんだそうな。
そしたら隣の欲張り婆さん、転げるように慌てて家に帰り

「爺さん、隣はこうこうこういう理由で銭を儲けたそうだが、明日から私達がかわりに行っていいと言われたんだ。是非行ってみよう」

「うん、そうしたらボロ儲けのいい話だ。行ってみよう」

ということになったんだと。
ところが話を聞き間違えていたものだから、行く場所が爺さんと婆さんと逆になってしまった。
爺さんが洗濯川で股を広げていると、スッポンが股間の先に食いついてしまい

「痛ぇ、痛ぇ!」

と言って泣いて家に戻ってしまうし、婆さんが山で股を広げていると蛇やマムシがニョロニョロと寄って来るものだから

「怖い、怖い!!」

と言って泣いて家に戻ってしまう有様で、欲張りな2人は泣きながら

「強欲になるもんじゃないなあ…もうこんなことはこりごりだ」

と言って反省したんだとさ。
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/332-277fccb1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】