FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

おりゅう柳




昔々の兵庫県のとある村に、『おりゅう』という器量のいい娘が居たそうだ。
おりゅうは、峠をひとつ越えた町のお屋敷へ奉公に行ってたんだと。
その峠道には太くて高い柳の木が1本あり、峠を越える時には必ず皆その柳の木の下でひと休みしていたんだそうな。
ある時、おりゅうが峠に差し掛かると、柳の木の下に若い男がいた。
ひと休みしながら言葉を交す内に、2人は互いに好き合うようになったんだと。
それからというもの、おりゅうは夜になるとそっと奉公先のお屋敷を抜け出し、脇目もふらずに峠の柳の下へ行くようになった。
眠る時間すら惜しんだおりゅうの身体は、日が経つにつれだんだん弱っていき、とうとうおりゅうのふる里の家に引きとられたんだと。
おりゅうが床に伏せって何日か経った夜、風がゴォッと吹いて木の枝葉がゴワゴワ鳴った。
ふと目を覚ましたおりゅうの傍らには、柳の下のあの若い男が黙って座っていたんだそうな。
そして、夜も白みかけて朝が近づいた頃に男は帰って行った。
男が帰った後には、どういう訳だか柳の葉が1枚落ちていたんだとさ。
次の夜も、その次の夜も風がゴォッと吹いて、木の枝葉がゴワゴワと鳴ると、男は訪ねて来たんだと。
男が帰った後には、やっぱり柳の葉が1枚落ちていた。
そんな事がしばらく続いたある夜、男が寂しそうな顔をして枕元のおりゅうに言った。

「もうお前に会えなくなってしまう。今日はお別れを言いに来たんだ」

理由を尋ねたおりゅうに、男は事実を打ちあけたそうだ。
男の正体は、実は峠の柳の木の精霊だったそうだ。
男がおりゅうに正体を打ち明けた丁度その頃、京都に三十三間堂を建てる話が出ていたそうな。
三十三間も伸びた木は滅多にあるもんじゃない。
そういう訳で、峠の柳の木を棟木に使うことになったそうだ。

「明日には沢山の木こりが大勢来て、俺を切るだろう」

おりゅうも男も黙りこんでしまった。
翌日、峠には大勢の木こりがやって来た。
木こりたちは柳の木を一斉に切り始めたが、何しろ太くて高い木だったから1日や2日で切れるものではない。
晩になって、木こりが「また明日にしよう」と仕事を終えて次の朝また柳の木の下へと行ってみると、切り口は元どおりにくっついているそうな。
あくる日も、そのまたあくる日も同じことが起こる。
気味が悪くなった木こりの親方が鎮守様にお伺いをたてた。
そうしたらその晩、鎮守様から木こりの親方に夢のお告げがあったんだと。

「仕事場に火を焚いておき、柳の木を切ったら木くずが出るから、片っ端から燃やすといい」

こんな夢のお告げだったと。
木こりの親方に夢のお告げがあった丁度その日、おりゅうの夢枕にも柳の木の精霊が現れた。

「いよいよ明日、俺は切られてしまう。切られた後、俺はてこでもその場を動かないつもりだ。そこでおりゅう、お前が来て俺を引っ張ってみてくれ。いいね、必ずだよ!」

とまあこう言ったそうな。
さて次の日の朝、木こりの親方は仕事場に火を焚いて、柳の木を切る傍ら木くずをどんどん燃やした。柳はついにどおっと倒れたそうだ。
それから、切った柳を台車に乗せて京都へ運ぼうとするけど、柳はびくとも動かない。
木こりたちが全員困り果てている所へおりゅうが来た。
おりゅうは、柳の木に何事かを優しく話し掛けてから先頭に立って台車の綱を引くと、台車は問題なくスッと動いたという。
それから大柳をやっと京都へ送り、三十三間堂がめでたく出来上がったそうだ。
木こりたちは喜び、柳の木を運んだおりゅうには、沢山のほうびが出て一気に大金持ちになったという。
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/333-49126efc

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】