FC2ブログ

HOME>その他の民話・伝説

仙厓という存在



【仙厓という存在】

「死にとうない」
これが臨終の言葉だと伝えられている高僧で一番有名なのは一休だが、実は一休の他にも「死にとうない」と言い残して死んだのは他にもいた。
荒れ果てた博多の聖福寺を復興し、洒脱な禅画を数多く描いた事で知られる仙厓義梵である。


江戸時代後期、仙厓という禅僧がいました。
仙厓という男はユーモアたっぷりの禅画を描くことで知られています。
彼の絵は当時から人気が高く、絵を描いてくれと頼みに来る人が跡を絶たなかったという。
そんな様子を見た本人…仙厓は「うらめしや わがかくれ屋は雪隠(※せっちん・トイレのこと)か 来る人ごとに紙おいてゆく」と得意の狂歌で表現したとか。

そんなある日のこと。
仙厓が、ある人から「何かおめでたい言葉を書いて下さい」と頼まれます。
「よしわかった」と、書をしたためる仙厓。
そこに書かれた言葉は「祖死親死子死孫死」。
当然相手は、「家族が皆死んでいくのが何故めでたいことなんだ!」と怒り出します。
すると仙厓は「爺さんが死んで親が死ぬ、そのあと子供が死んで最後に孫が死ぬ。これが自然の摂理・順番だ。若い人が先に死なないということはとてもめでたいことだろう」と答えたという。
その人は話を聞いて納得し、この書を家宝にしたそうな。


エリエール トイレットティシュー 12R(シングル)
大王製紙 (2008-08-11)
売り上げランキング: 177


せっかくだし紙置いときますね。
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/345-366d4923

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】