FC2ブログ

HOME>Navy

白百合が咲く街




*この物語はフィクションです。


階段のすぐそばに、
白いユリが咲いている。

「こんな所にユリが咲いてるなんて珍しい」

草木の緑、ユリの白。
そして黒い特攻服姿の死神。
そして

「何処からか種が飛んで来たんじゃないか?」

Rarry(ラリー)は階段から声を掛けた。

「そうかもしれないね」

死神、Navy(ネイビー)は頷く。

「綺麗だね」

Rarry(ラリー)はそっと微笑んだ。

「ところでRarry(ラリー)君、君には見えているかい?」

Navy(ネイビー)はRarry(ラリー)に尋ねる。

「うん、俺にも見えているよ」

ユリの周りには、白い妖精が舞っていた。

「確か…ユリの花言葉は」

Rarry(ラリー)は呟く。

「「神秘的な美」」

Rarry(ラリー)とNavy(ネイビー)は同時に言った。

END.


l_8Dov8HEIID.jpg
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/351-092d5c3c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】