FC2ブログ

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他の民話・伝説

芝浜




年末に近付いて来るとこのお話が浮かんできます。

【落語『芝浜』】


性格は悪くないが、酒飲みで怠け癖のある魚屋の勝五郎。
そんな勝五郎の奥さんはずっと我慢をしてたが、何かとお金のかかる12月になっても働こうとしないため、真夜中に勝五郎を叩き起こして、魚河岸(※うおがし・魚の市場のこと)に行くように頼みます。
勝五郎は渋々出掛けるものの、時間が早すぎたために魚河岸も開いていません。
仕方なく勝五郎は、芝浜という浜辺でタバコを吸って時間を潰すことにしました。
そのうち夜が明けてきたので、顔を洗って魚河岸へ出かけようと、海に手を入れたところ何かに触れました。
拾ってみると汚い財布で、中を開けてみると何と42両もの大金が入っていました。

「これで当分は遊んで暮らせるぞ」

魚河岸にも寄らずに家に帰った勝五郎は、女房にいくらか渡して酒と肴を買ってこさせ、飲めや歌えやの大騒ぎ。
最後には酔い潰れて寝てしまいました。

さて。
目を覚ますと、女房はまた勝五郎に早く仕入れに行けとせかします。
勝五郎が42両があるじゃないかと叱り飛ばすと、

「そんな金は家にはないよ!!何寝ぼけてんだい!!」

と逆に叱られてしまいました。
夢と現実の区別もつかなくなったかと落ち込んだ勝五郎。
これからは酒もやめて、しっかりと働くと嫁に誓いました。
それから3年、賢明に商売をした勝五郎は、小さいながらも自分の店を持てるようになっていました。
その年の大晦日のこと。
女房が見せたいものがあると取り出したのは、勝五郎が3年前に夢で拾った42両。
実はあの日、勝五郎が酔い潰れて寝た後に勝五郎の女房は大家さんに相談に行っていました。
大家さんは拾った金を使うのは犯罪だから奉行所(※ぶぎょうしょ・警察のようなもののこと)に届け、夢だったと言っておきなさいと助言し、女房はその通りに実行したのだと言います。
そして、42両は落とし主が分からなかったために手元に戻ってきたものの、一生懸命に働く勝五郎を見てどうしても告白することが出来なかったとついに勝五郎の女房は泣き出してしまいました。

「お前が夢にしてくれなかったら、俺は今頃死んでいたかもしれない」

勝五郎が感謝の気持ちを伝えると、女房はもう大丈夫たと確信し酒を勧めます。
勝五郎は笑顔で杯を手に取り、口元まで運ぶものの、ついに飲もうとはしませんでした。

「よそう。この現実がまた夢になるといけない」

と。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/367-10d3ce8e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。