FC2ブログ

HOME>その他の民話・伝説

安珍・清姫伝説



【安珍・清姫伝説】

三重・和歌山に伝わる異類悲恋譚。

紀州(現在の三重県)に伝わる伝説である。
時は延長6年(西暦928年)夏の頃。
奥州白河(現在の福島県)から熊野(現在の三重県熊野市)まではるばる参拝に来た僧が1人。
彼の名は安珍。
安珍は大層美形の僧であったという。
そんな美形の安珍に一目惚れした女が1人。
彼女の名は清姫。
一目惚れしてしまった清姫は女だてらに夜這いをかけて迫ったという。
だが安珍は僧。
参拝中の身だし、そのように迫られても困る。
帰りにはまた立ち寄るから…と清姫を上手く言いくるめて騙し、参拝後は立ち寄ることなくそのまま行ってしまったという。

さて。
待てど暮らせど安珍が来ないことに疑問を覚え、やがて騙されたことを知った清姫。
当然怒って着の身着のまま裸足で追跡したという。
道成寺までの道の途中(上野の里)でなんとか安珍に追い付いたそうな。
だが安珍は再会を喜ぶどころか、私は別人だと嘘に嘘を重ね、更には熊野権現(神社の神様)に助けを求めて清姫を金縛りにした隙に逃げ出そうとする始末。
ここで清姫の怒りが爆発し、なんと清姫は邪悪な蛇の姿になって安珍を追いかけたそうな。

安珍は日高川を渡り、道成寺にたどり着いた。
追いかけてくるのは口から火を噴きながら自力で川を渡る蛇身の清姫。
渡し守に「追っ手を渡さないでくれ」と頼んでもこれでは無意味。
怯える安珍に渡し守は梵鐘(ぼんしょう・大きな釣鐘のこと)を下ろしてとりあえずここへ避難しろと促したそうな。
大きな釣鐘の中なら安心と逃げ込んだ安珍はホッと胸を撫で下ろすが、蛇の姿の清姫はそれでもなお安珍を追いかけたという。
釣鐘の中に居ると分かると、釣鐘に巻き付いた。
それでもなお腹の虫は収まらない清姫が取った行動とは。
因果応報かな、哀れ安珍は口から火を噴いた清姫に鐘の中で焼き殺されてしまうのであった。

はてさて。
安珍を焼き殺した蛇の姿の清姫。
日高川に映った自分の姿を見てびっくり。
蛇の姿の自分にショックを受けて入水自殺をしたそうだ…

これにはまだ後日談がある。

それから400年。
安珍とともに鐘を焼かれた道成寺。
正平14年(1359年)の春に釣鐘を再び作り直し、女人禁制で鐘供養をした所、1人の白拍子(しらびょうし・現代で言う歌って踊る芸人のこと)が鐘供養を妨害したという。
実はこの白拍子は清姫の怨霊であった。
白拍子は一瞬にして蛇へ姿を変えて鐘を引きずり降ろし、その中へと消えた。
清姫の怨霊を恐れた僧たちが一心に祈念したところ、ようやく鐘は鐘楼に上がった。
しかし清姫の怨念のためか、新しくできたこの鐘は音が良くない上、付近に災害や疫病が続いたため、山の中へと捨てられたという。
捨てられた鐘はやがて妙満寺(現在の京都市左京区)に収められた。
収められた際に、寺の大僧正の供養により清姫の怨念が解けて美しい音色を放つようになったという…

道成寺には現在でも釣鐘が一切無いそうだ。


安珍と清姫 [DVD]
安珍と清姫 [DVD]
posted with amazlet at 12.11.04
角川エンタテインメント (2009-11-27)
売り上げランキング: 62964
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/378-a71b8a2a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】