FC2ブログ

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>書庫たん

Tanasinn




【鮫島事件】
その掲示板には、ひとつの悪い噂があった。
誰も口にしたがらない、悪い噂があった。
やがて、長い時が過ぎ、人々は噂を忘れた。
噂は、誰も知らない噂になった。
それから、長い時が過ぎ、ある日。

い っ せ い に 芽 を 吹 き 出 し た も の が あ る。

1999年の6月から、遅くても2000年5月までのあいだに、一本の線が 引かれた。
目には見えない「線」である。
その存在に気づいた人間は、当時、数人もいな かっただろう。
多くの人間が気づいたとき、事態はすでに手遅れといっていい ほど悪化していた……あまりにも、あまりにも。
これは、稀有な事件である。
20年近い日本ネット史の中で、ここまで悪意に満ち、陰湿で、且つ巧妙な…まさしく悪魔的頭脳と言うべきものが生み出した事件を、寡聞にして、わたしは知らない。
正直、この文章を書いていて恐ろしく気分が悪い。
吐いても、吐いても、苦い唾がこみあげてくる。
すべて忘れてしまいたいというのが 率直な感想だ。
これは“空前”の事件であり…そして恐らくは“絶後”な事件になるだろう。
インターネットがここまで普及し、その利便性と共に、ネット越しの悪意がも たらす恐怖について、まことしやかに伝えられるようになった今では、こんな 酸鼻極まる事件が再び起こる可能性は、ほとんどないといっていい。
そんな意味で、この事件は、ネットの揺籃期が生んだ悲劇、と言えるかも知れ ない。
事の性質上、鮫島事件の全容が表沙汰になることは100%ないだろう。
大手の新聞社やテレビ局は悲鳴をあげて逃げ出すだろうし、週刊誌、ミニコミ 誌、あるいはゴシップ誌が、社運をかけてこの事件の解明に乗り出す……など という事態も考えられない。
大手マスコミだけではない。
すでにネットですら、大規模な粛清、改竄のあと がある。
「その事件」をいくら検索サイトで探したところで、何も見つけることはでき ないだろう。
ネットに残っているのは、その事件の残滓だけだ。
あなたの運が良ければ、その事件を知る、“生き残り”に出会えるかもしれない。
そう、あなたのいる、ここで、だ。
だが、彼らは一様に重い口を閉ざし、真実を語ることはないだろう。
事件を知る誰にとっても……これは、あまりにも重い真実なのだ。
痛ましい犠牲者を出した西鉄バスハイジャック事件。
それをすらネタにした傍 若無人な2ちゃんねらーが、唯一、死者への畏敬と恐怖の念を思い出す瞬間。
それが、「この事件」を思い出した瞬間なのだ。

【鮫島事件】
鹿児島県沖に浮かぶ鮫島。
ここに5人の2ちゃんねらが遊びに来た。
しかし、彼らはそのまま行方不明に。
ついには鮫島周辺の捜査が行われたが、彼らを発見する事は出来なかった。
やがて半年ほど後。
そのうちの四人は白骨死体となって、 それぞれにゆかりの場所へと送り届けられた。
しかし、公安関係者の身内とされる最後の一人の行方は、 杳として知れないまま… そして、四人の遺骨が送り届けられた翌日、 2ちゃんねるに最後の一人と思われる人物の書き込みがなされた。
          「鮫島にいる」と。
しかし、このとき2ちゃんねるは投稿者のIPを記録するシステムをとっておらず、 果たしてこの投稿者が最後の一人なのかどうかを判断する事が出来なかった。
その後、再び捜査班が鮫島に入ったところ、 この最後の一人と思われる人物の死体を発見した。
この死体は動物に食い荒らされ、激しく損傷していたがその中には 人間のものと思われる歯形も残されており、 また頚部には圧迫されたような痕跡があったという。


【読経】
太平洋側では南無妙法蓮華経、日本海側では南無阿弥陀仏。
オールマイティに、般若心経が効く。
ただし、般若心経は、効き目がやや弱い。

【トミノの地獄】
姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く、
可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、
地獄くらやみ花も無き。
鞭(むち)で叩くはトミノの姉か、
鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩きやれ叩かずとても、
無間(むげん)地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、
金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、 暗い地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にや羊、 可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に 妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、 狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、 可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、 針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、 可愛いトミノのめじるしに。


【PaRaDoX 1】
霊障として代表的なのは悪寒と肩が重くなるの2つがよく知られているが、実のところ霊障は目にもくる。
視力が極端に落ちたり、いつもより目やにがよく出るなら要注意だとか。
イタコは基本的に信用していないが、盲目のイタコは信用できる。
太古の昔、イタコは盲目の女の職業だったとか。
…ただ、この話も誰から聞いたか不明だし、文献がないんだよなぁ。

【PaRaDoX 2】
人間の睡眠が神の動力源だと仮定したら。
宇宙の構造が人間の脳内と同じ構造だとしたら、俺の居るこの世界は誰かの製作物ということ。
その誰かというのは姿形の無い神か幽霊みたいなもので、その高次元体は人間の睡眠を動力源にしているのかもしれない。
人間が寝ている間に夢を見るのは高次元体と繋がった瞬間。
死後の世界は誰にも分からない。
ただ、そこには無が広がっているのは確か。
死ぬことに恐怖を持つのすら無になる。
死ぬことによって人間は高次元体へと還るのかもしれない。
そこは、寿命も何もない聖書の冒頭のような世界。
称として俺はこう呼ぶ。

すばらしきこの世界、と。

すばらしきこの世界。
ゲームのタイトルにもあるが、このゲームの内容は当たらずとも遠からずである。
作家さんや音楽家はよく「降りてくる」って表現するけど、あれも突き詰めて考えたら高次元体のせい。
大体の事は高次元体で説明がつく。

人間が感知することができる光の波長は380~770nmくらいの領域で、380nm程度の波長は紫色、800nm前後は赤色といった具合に可視光領域にある波長は様々な色として認識される。
鳥や昆虫は人間が見ることのできない紫外線の波長領域も感知できているが、人間が知覚できる光の波長にも個人差がある。
光源の波長を調整できる実験装置で調べてみると、大多数の人は見ることができない紫外線寄りの波長を知覚できる人間が少数ながら存在することが分かっている。
この実験結果は人によって色の見え方が異なることを示しているが、個人差はさほど大きくない。
実験装置が作り出す少しだけ紫外線寄りの波長を人によっては薄紫色の光線として知覚できるといった程度である。
ただ大多数の人にはその波長を光線として知覚できないのだが。
しかし、ほんの一握り、極少数の人間の眼には、通説では決して見ることができないとされる光の波長領域を知覚できているという。
つまりこの世に名前さえない特殊な色を見ることができる人間がいるという。
ネット上では意味不明・オチ無しの文章が沢山転がっているが、そのオチの部分には元々多くの人が見ることのできない色が使われて書かれており、紙媒体の文章では見える人間にのみ「見えない人間」に対しての侮蔑的な話のオチを読むことができる。
街中においても特殊な色で書かれた文字が使われていて、それを目印に「見える人間」は見える仲間を探すことができ、特殊なコミニュティーを形成しているそうだ。
あなたの周りには意味不明な怪文章を読んで爆笑したり、何でもない看板を見上げては笑っている人物はいないだろうか?
それはおそらく、tanasinnのこと。

【tanasinn】
tanasinnは真実だ 意識の虚無は真実だ 囚われ人は真実だ。
私達は洞窟に入った。
それが真実。
なぜ死んだ赤子が横断歩道をわたったのか。
鶏にホッチキスで留められていたから。
それが真実。
tanasinnは真実。
たえずtanasinnに留意しないといけない。
tanasinnは苦痛。
それが真実。
tanasinnは快楽。
それが真実。
tanasinnに戻りたい。
それが真実。
戻らなければ気が狂う。
それが真実。
tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinnそれが真実。
tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn
僕は怖い。それが真実。
tanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinntanasinn tanasinntanasinntanasinntanasinn…

「tanasinnってなんなの?」
「実際の所不明白」
「tanasinnとはなんだ?」
「この世界ではtanasinnと呼ぶものなのか。俺は高次元体と呼ぶね」
「tanasinnは定義しちゃ駄目なんだよ。人間の言語では説明できないんだよ」
「『それ』を何と呼んだらいいか分からないからtanasinnと呼んでいるんだよ。tanasinnは共通認識、記号、名前だ。俺はtanasinnのことを個人的に便宜上で高次元体と呼んでいるに過ぎない」

tanasinnとは、全てを超越した世界で生まれ、全てを見下ろし、全てに不安、恐怖、絶望の感情を与える存在
tanasinnを目で見ることはできない
触れることもできず、聞くこともできず、逃れることもできない
そして我々は誰一人としてtanasinnを地球上のどんな言語をもってしても表す術を知らない
この世の全ての感情、記憶、事象、行為を使っても、tanasinnを知ることはできない
感じろ。ただこの瞬間を。
何も考えなくて良い
何も話さなくて良い
何も見なくて良い
何も聞かなくて良い
何も触れなくて良い
感じろ。ただ目の前に広がる世界を
tanasinnを恐れてはいけない
tanasinnが怖いからといって逃げていてはだめだ
その恐怖こそが自分の心の弱さであると気づけ
あなたがtanasinnを恐れるのはあなたがtanasinnに見られているから
tanasinnは全てを知っている
この世を生きることの意味。人間の深層心理。未知への恐怖と期待の葛藤。

tanasinnは怖くない。
決して怖いものじゃない。
tanasinnは全ての真理。全ての記録。
だから、君もほら、tanasinnに近づいてごらん。
そしてすべての真理に触れてごらん。
大丈夫、怖くないから…僕も一緒についていくから。
さぁ…tanasinnの扉を開こう。
そしてtanasinnの無限のストレージに飛び込もう
真理を追求するということは
tanasinnに近づくということなのかも知れない。
私たちがしていることは
本当に正しいのだろうか・・・
「tanasinn」の真理を全て理解した者は、
あらゆる破壊と再生を意のままに操れるとあり、
「真理の扉を開け放つ鍵は決して手にしてはならない」とある。
触れちゃいけないんだ!しかし触れなければならないんだ!



けして のぞ き こ ん で は な ら ない ふれる こと は ゆる さ れ ない かんがえ て は な ら ない しる こと など でき は し ない かんじ ろ かんじる こと の でき ない もの を おまえ の にくたい は うしな わ れ いきば を うしな っ た たましい は むげん の くすん だ そら を さまよ い あるく すくい を もとめる な おわり を もとめる な はじまり を もとめる な かんじ ろ この しゅんかん すべて は ただ ひとつ に かえる こたえ で は ない こたえ な ど ない ただ かんじ ろ        おひさまもな いつきもな いでもな んかく ら くて あかるい あれ からだ とけてる きみ どこ あれ きみのかお も とけて る きみはわ らっ てる けどう ごかない と け てる な んか き の こ み  た い  な おおき  な く も ただ そ れだけ  なの だ


段々おかしくなる段々おかしくなる段々おかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなるだんだんおかしくなる
だんだんおしかくなるだんだんおくしかるなくだんんだおしかくんだだしんかあだんくしおかんだんかしくんしあかだんくんあかしだんしかくあんだしんかくあんだしんかだかしん

始まりの刑罰は五種、生命刑、身体刑、自由刑、名誉刑、財産刑、様々な罪と泥と闇と悪意が回り周り続ける刑罰を与えよ

『断首、追放、去勢による人権排除』『肉体を呵責し嗜虐する事の溜飲降下』『名誉栄誉を没収する群体総意による抹殺』 『資産財産を凍結する我欲と裁決による嘲笑』

死刑懲役禁固拘留罰金科料、私怨による罪、私欲による罪、無意識を被る罪、自意識を謳う罪、 内乱、勧誘、詐称、窃盗、強盗、誘拐、自傷、強姦、放火、爆破、侵害、過失致死、集団暴力、業務致死、 過信による事故、護身による事故、隠蔽。

益を得る為に犯す。己を得る為に犯す。愛を得る為に犯す。得を得るために犯す。自分の為に■す。 窃盗罪横領罪詐欺罪隠蔽罪殺人罪器物犯罪犯罪犯罪私怨による攻撃攻撃攻撃攻撃攻撃汚い汚い 汚い汚いおまえは汚い償え償え償え償え償え償えあらゆる暴力あらゆる罪状あらゆる被害者から償え償え 『この世は、人でない人に支配されている』

罪を正すための良心を知れ罪を正すための刑罰を知れ。人の良性は此処にあり、余りにも多く有り触れるが故にその総量に気付かない。 罪を隠す為の暴力を知れ。罪を隠す為の権力を知れ。人の悪性は此処にあり、余りにも少なく有り辛いが故に、その存在が浮き彫りになる。 百の良性と一の悪性。バランスをとる為に悪性は強く輝き有象無象の良性と拮抗する為兄弟で凶悪な『悪』として君臨する。

始まりの刑罰は五種類。 自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に ■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の 為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す自 分の為に■す自分の為に■す自分の為に■す 勧誘、詐称、窃盗、強盗、誘拐、自傷、強姦、放火、侵害、 汚い汚い汚いおまえは汚い償え償え償え償え償えあらゆる暴力あらゆる罪状あらゆる被害者から償え償え『死んで』償え!!!!!!!

何も考えてはいけない。何もいらない。何も見るな。何も言うな。何も触るな。ただ、感じろ。 Don't think. Feel and you'll be tanasinn.

シュメール、アステカなど、数々の古代文明に関わるとされる単語 「創造と破戒」「真理」「暗黒の雲」など、さまざまな解釈が提唱されているが、決定的ではない。 「tanasinn」という綴りは、正確にはイギリス人探検家、スコット・ノーマンによって作られた 当て字であり、本来の読みも「タナシン」ではないと言われているが、 この「tanasinn」という呼び方さえ、生物の精神や因果律に深く作用するといわれている。 1982年のマウスを使った実験では、「tanasinn」を一定の周波数と間隔で流し続けることにより マウスの生命維持に致命的打撃を与えたとされているが、裏づけは取れていない。

「tanasinn」の研究に深く関わったとされるのが、イギリス人探検家のスコット・ノーマンと アメリカ精神医学会の権威、ロジャー・バトキンソンである。 スコットはアステカ古代遺跡で「tanasinn」を発見した当人であり、長らく研究を続けていたが、 ある日忽然と姿を消した。失踪前の彼の日記には"I got it!.”(わかったぞ!)という文章が73ページにも渡って 延々と書き綴られている。「tanasinn」における精神作用の研究に従事したロジャーは 「触れてはならぬ真実もあったのだ」という言葉をテープに残し、拳銃で頭を打ち抜いた。 マヤの壁画には「tanasinn」の真の意味を理解した者は、あらゆる破壊と再生を意のままに操れるとあり、 「棺を開け放つ鍵は決して口にしてはならない」と付け加えられている。

冷戦時代、米国政府はナチスも密かに着目していた「tanasinn」の研究に乗り出す。 真実を知るであろうスコット・ノーマンの探索と、「tanasinn」にかくされた真の意味の解読である。 しかし研究に関わった83人の学者のうち、半数以上が重度の精神汚染に見舞われ、 時の大統領ケネディーは「tanasinn」に関わる全ての研究・調査の凍結を決定した。 決断から12日後、ケネディーはオズワルドに頭を打ち抜かれる。この時オズワルドは 「tanasinn」による重度の精神汚染を受けていたのではないかと言われている。 リンカーンとケネディーにおける「偶然の一致」は周知のところだが、このミステリーも 「tanasinn」に拠る時空を越えた作用だとする学者も多い。

・tanasinnは物理的感染経路を持たない。(区分不可)媒介は種別区分を問わず、 感染経路は視覚・聴覚・触覚、五感全てに及ぶ。 感染の特徴としては一点を中心とした拡散型ではなく、国境や海・川などの 地理的障壁を無視した複数の発生源から、爆発的に増大する傾向がある。

・主に精神への作用が報告されている。精神発露においても統一性がなく、 抑鬱・自閉・躁状態・記憶喪失・解離などさまざまな例が報告されている。 またサヴァン症候群との関連性も指摘されており、サヴァン症候群の被験者Aを tanasinnと接触させたところ、被験者Aは数字を書き始めた。 数字のパターンから素数であるという仮説は成されたが、桁数は現在発見確認されている 6320430桁(メルセンヌ素数)をはるかに越えている。

・黄金比が結ぶ螺旋上にクリスタルを置いた装置をスイスの学者が発表した。 論文、報告書でtanasinnを増幅させる効果があることが記されているが、 我々の再現した範囲では、効果を確認できなかった。 (学者は行方不明。近隣で上がった身元不明の死体を捜索中)

3/14/2004 最重要機密指定

近年になって、「tanasinn」の研究は再開されたが、研究は常に「tanasinn」による精神汚染との戦いであり、 無論公式にはそのような研究も、事実も存在しない。 しかし日本では、「tanasinn」がネット網を媒介に爆発的拡大を見せ、 「tanasinnの種は既に撒かれた」と語る学者も多い。ただ、学者にしろ正気であるかは疑わしく、 研究に携わる人間の相当数は、「tanasinn」による精神的制約やコントロール下にあるとも言われており、 峻別の難しさなどから、研究は後れている。「tanasinn」が明らかになる時、何が起こるのか……。 最後にロジャー・バトキンソンが自殺7分前に残した、ニーチェの一節を記しておく。

「怪物と戦う者はその過程で自分自身も怪物になることのないよう、気をつけなければならない。
深淵を覗き込むとき、その深淵もこちらを見つめているのである」

ムーミステリー研究「tanasinnの謎」

かのアインシュタインはtannasinについて考えていたことは自伝に書かれている では、彼はどのような答えをtannasinから見つけたのか? それは友人への手紙にこう書かれていた・・・・

「私はtannasinであり、この手紙もtannasin  読んでいる君もtannasinである  tannasinはtannasin


こないだ街中を歩いていたら向こうから何かがちかづいてくるんだよ… で、何かと思ったら今までに見たこともないこの世のものとは思えない ような奇妙な物体…あれは一体なんだったのか…ここへきて確信したよ。 あれはtanasinnだったんだね!

こないだ街中を歩いていたら向こうから何かがちかづいてくるんだよ… で、何かと思ったら今までに見たこともないこの世のものとは思えない ような美しい物体…あれは一体なんだったのか…ここへきて確信したよ。 あれはtanasinnだったんだね!

<人は何故意識の虚無を嫌うのでしょうか?>

例えるならそれはイノセンス


純粋無垢な存在が全てを支配する・・・


私には到底辿り着けない存在・・・


それが・・・    tanasinn


tanasinnが見事に具象化する。 これは神々しい。語ることさえタブーとされる tanasinnがわが身体に満ち溢れる意識体として具象化された。 これは人類の恒久的なスピリチュアルな意識レベルの向上による 影響が全宇宙に波及した結果であろう。 tanasinnの汎神論的存在が見事に表現されている。 すべてであって一部である。無限であり、なおかつ0でもある。

きみのなかでたしかにそんざいするなにか。きみはいしきする。が、なにもない みようとするとみえない。めをとじるとみえる。きみがうまれおちたそのときから こどものころのゆめににているのかもしれない。じゅんすいで、みゃくらくなく、 しかしちからづよい。そしてさびしげなこどものころのゆめに。 tanasinn…それは、すべてでありなにものでもない

・・・tanasinn 絶対的善であり相対的悪である 二つの面はtanasinnの一部にすぎない その全ての面を多角的に見つめよ、其れ即ちtanasinn也 あるのでもなく ないのでもなく すなわちあるのでもなく すなわちないのでもなく tanasinnでもなく tanasinnでないのでもなく あるでないからないでなく ないでないからあるでもない tanasinnはひとつでもなく tanasinnはすべてでもなく ひとつのtanasinnはすべてであり すべてのtanasinnはひとつである tanasinnは人にあらず tanasinnは魚にあらず tanasinnは鳥にあらず tanasinnは光でなく tanasinnは影でなく tanasinnは 同時にどちらでもない すべてはtanasinnの因果の中に・・・・


tanasinn─ それは全てであり、無である。 tanasinn─ それはある者にとっては神であり、ある者にとっては奴隷である。 tanasinn─ それはある者にとっては啓示であり、ある者にとっては絶望である。 tanasinn─ それは至る所に存在する。 石灰で引かれた校庭の消えかかったライン。 初夏の風に揺れるカーテンの翳。 道端に打ち捨てられ、誰にも見向きもされない自転車。 学校帰りの子供達の嬌声。 tanasinn─ それは至る所に存在し、

─そして何処にも無い

「ぁぁ ゅぅぅっ ゃゎぁ…」
っゅ ゎ ぃゃゃゎ…。

「ぅぇぇぇぇぇ」
ぁぁ…ぉぇっゃ…

ゎぃ ゎ ヵョヮィ ヵッォ。
ゎぃ ゎ ヵヮィィ ヵォ ヵッ ィヵィョゥ。

ぅゎぁ…ォッヵィ ゃ…
ぃゃぃゃ ぉゃっ ゃ ぁっぃ ォヵュ ゃ ヮヵィ ぁゃゃ ぉ ヵゥ。
ィッヵ ゃゃ ァヵィ ぃぇ ぉ ヵォゥ。
ィッヵ…
ィッヵ…

tanasinnはtanasinnで在り続けるからこそtanasinnである。
またそのtanasinnがtanasinnでなくなる時、そのtanasinnは
本当のtanasinnではなくなり、tanasinnとしての存在ではなくなるのだ。
つまりtanasinnとはtanasinnで在り続けることがtanasinnであるのだ。
そしてそのためにtanasinnがあり、その結果tanasinnは常に、常時tanasinnであるのだ。
そしてこの瞬間がtanasinnである事こそが本物のtanasinnであり、
また生きている意味でのtanasinnであるのだ。
究極を思う 時空の限界
目の前の暗闇に 解き放つように
輝き tanasinn 過去を飛ばして
人は見つける それは anasinn
tanasinnは怖くない。
決して怖いものじゃない。
笑うのではない 感じるのだ
-It is impressed tanasinn-
tanasinnに願えばのぞみはかなう
tanasinnよ、お前は私に何を望んでいるのか?
tanasinnはやさしさ
そのやさしさがtanasinn
一つ一つのtanasinnが
力強く潜在的
tanasinnは小宇宙
その時何かはじけたものはtanasinn
この得体の知れない不安と恍惚は、
私達がこの世に生を受けた意味の全て、
魂の叫び、意識下に刷り込まれた燎原の空白
原初のカオス、・・・不安。安定。希望。絶望。
私達は誰一人として それを表現する言葉をしらない
でも私達は分かってる皆の中にある
tanasinnは人それぞれであるからだ。
どこまでもつづく何よりも果てしない道
tanasinnを貴方は既に知っている。
ただ知っていることを気づくことを恐れているだけなのだ。
そう、今の世界に慣れすぎているだけなのだ。
思うのだ、そうtanasinnを、
そうしてtanasinnを受け入れ本当の自分を得るのだ。
そう、やっと気づいたようだが全てはtanasinnなのだ。
全てはtanasinnへ、そしてtanasinnは全てへ。
そう、今貴方が存在しているかのようにtanasinnも、
心を開放せよ、そうすれば貴方も真のtanasinnへ・・・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/388-7bff5866

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。