FC2ブログ

HOME>兵庫の民話・伝説

ものを言った大魚




【ものを言った大魚】

現在の兵庫県篠山市当野での民話。


当野(とおの・現在の兵庫県篠山市当野)の山の上には、6つの池があったそうな。
いつの時代に作られたか分かりませんが、「新池(しんいけ)」「村池(むらいけ)」など6つほどの池です。
この池の水を抜くと山上から滝が落ちるように、とても美しいとのこと。
一方、当野の里には、今も「かやの木」「ももの木」と呼ばれる家があります。
この家と山頂にある池にからんでこんな話が伝わっています。

昔々のこと。
それぞれの池には、「主(あるじ)」と言われる生きものが住んでいた。
ある時、魚とりの大好きな若者がこの池の「主」とよばれる大魚を捕らえたそうな。
若者は満足して思わず、

「とうとう、やった。早く帰って味噌汁に入れて食べよう。何人分くらい作れるだろうな」

と独り言を言いながら、喜び勇んで帰る途中に友達に出会ったという。
友達は若者に

「どこへ行く?」

と尋ねたそうな。
若者が返事をする前に、大魚が

「当野のかやの木へ味噌汁を吸いに行く」

と言ったので若者は腰が抜けるほど驚いたという。
若者は家に帰ってからも、2・3日は起きあがれなかったと言われたそうな。
この若者は、「かやの木」と呼ばれている家の若者であったということだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/392-3237d0e4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】