FC2ブログ

HOME>その他の民話・伝説

座敷童




【座敷童】

遠野物語 現代語訳。

個人的にまとめて解釈してあるので所々日本語や文法がおかしいのはご愛嬌。


旧家には座敷童、という神様が住む家がいくつかあるという。
この神様は12,13歳くらいの子供であるという。
時々人に姿を見せることがあるという。
土淵村大字飯豊(現在の岩手県盛岡市付近)の今淵勘十郎という人の家では、女子高の娘の休暇中に娘を連れて実家に帰ったある日、廊下に座敷童にばったりと出逢って大層驚いたという。
その姿はまさしく男の児童…男の座敷童だったという。
同じ村の山口という場所の佐々木氏の家では、母が1人裁縫をしていたら、隣の部屋でガサガサと紙の音がしたという。
隣の部屋は家の主人の部屋で、その時主人は東京に行って留守だったので、おかしいと思い戸を開いてみたのだが何の気配もない。
しばらくの間座って様子をうかがっていると、やがてまたしきりに鼻を鳴らす音がした。
さては座敷童だなと思ったそうだ。
この家にも座敷童が住んでいるということ。
この神(座敷童)の宿る家はやがて大金持ちになるということだという。

座敷童は女の子の場合もあるという。
(現在の岩手の岩手県盛岡市の)山口付近の旧家にて山口孫左衛門という人の家には、女の座敷童が2人居たということだが、ある年同じ村の何某という男が町から帰る途中に橋の辺りで見慣れない2人の可愛い娘に出会ったという。
慌ただしい様子でこちらへ来たので、お前たちは何処から来たと訊いてみたら、山口の孫左衛門のところから来たという。
男はこれから何処へ行くのかと聞けば、同じ山口の村の何某の家へ行くという。
その何某という人の家は、やや離れた村で、今でも立派な豪農(金持ち農家)の家。
孫左衛門の家は没落するのだろうと思っていたら、それからしばらくも立たない内に、孫左衛門の家の主従あわせて20何人かがキノコを食って食中毒で1日の内に死に絶えたという。
偶然にも7歳の女の子が生き残ったのだが、その女もやがて年老いて子供も残せずに病気で死んだという。

孫左衛門の家では、ある日梨の木のあたりに見慣れぬキノコが沢山生えていたのを食おうか食うまいかと男どもが議論していたのを聞き、最後の代の孫左衛門が食うべきではないと止めた。
しかし、下男の1人がどんなキノコでも水の張った桶に入れて芋殻を入れてよくかき回してから食えば決して食中毒になることはないと言った。
一同全員この言葉を信じて全員そのキノコを食ったという。
7歳の女の子はその時たまたま昼ごはんを食べるのを忘れるほど外に出て遊んでいた為に助かったのだという。
突然、家の主が死んでから葬式だなんだと人々がバタバタとしている間に、遠い親戚や近い親戚の人々がやってきては、生前に貸しがあっただの約束があっただのと言って家財や味噌までも持ち去ってしまったという。
この村で1番の長者だったのだが、1日にして跡形もなく貧乏になったということだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/419-a447960f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】