FC2ブログ

HOME>100のお題その1

002:約束

ゆびきりげんまん、嘘ついたらハリセンボン飲~ます♪ 指切った♪

結局、彼は約束を守らなかった。
いや、守れなかったと言うべきか。
あれほど2人で誓ったのにね。
私が成人して間もない頃、彼は私に話し掛けたのがきっかけだった。
何処にでもあるありふれた話。
私と彼はすぐに恋人になった。
彼は約束をするのが好きな人だった。

「ねぇ、僕の事好き?」

「ええ、好きよ。 大好き」

「本当に?」

「本当よ。 嘘はつかないわ」

「そっか。 じゃ、いつか結婚しよう」

「本当に?」

「ああ、本当に本当さ。 約束するよ」

差し出される小指。
小指と小指が複雑に絡み合う。
私と彼は永遠の愛を誓った。
……筈だった。

「ゴメン、君とは結婚できない」

「どうして?」

その理由は後で分かった。
彼は既に他の女と結婚していたのだ。

「ねえ、知ってる?」

私は部屋で小さく呟く。

指きりは、遊女が客に愛情の不変を誓う証として、小指の第一関節から指を切って渡したことに由来する。
これにはかなりの激痛が伴うため、それほど愛してるということを意味し、貰う客も、遊女の思いに応えるくらいの気構えが必要だった。
そして、この「指きり」が一般にも広まり、約束を必ず守る意味へと変化したのである。

「ゆびきりげんまん、嘘ついたらハリセンボン飲~ます♪ 指切った♪」

部屋には、小指を切り落とされた男が横たわっていた。

END.
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://paradox07.blog68.fc2.com/tb.php/6-b5f93f5f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】